マガジン記事詳細
2017.02.24

オプション取引で見るべきところ。

オプション取引で見るべきところ。

オプション取引で利益を出す方法として、

①相場の『上下』を予想し、上か下か当てる

②相場の『変動』を予想し、動くか動かないか当てる。


このいずれかになります。

勿論、当たれば利益になりますし、外れると損失になります。

FXや株などのトレーダーは相場の上下のみを予想し、ポジションを取ります。

チャートを勉強するのはその為ですね。

 

オプションも同じく、上下をとりに行くときは日経平均などのチャートを見ますが

『変動』を取りにいく場合は『日経平均VI』やIV を見ます。

画像は日経平均VIのチャートです。

面白いことに、゛ボラティリティ” と言うものは上昇すれば


「必ず下がる」


これが日経平均やFXとは違うところです。

今の日経平均は19000円台ですが この水準が高いか安いかは不明です。

ほんの数年前は10000円を切っていましたので それに比べると今は高いですが、

ITバブルの頃に比べると今は安いです。

つまり、水準が無いんです。

ドル円などの為替も同じくですね。


しかし、ボラは例えば50台は明らかに高いのが明白です。

この状態は長くは続きません。

つまり、ボラが下がる方に賭ければ ぼぼ間違いなく利益になります。


オプショントレーダーはこんな風に相場をみています。

トップへ戻る
お問い合せ・お申し込みはこちら
Grand Trading Schoolに今すぐお申し込みはこちら